サラウンドシステムとは?

サラウンドは一般的には5つ以上のスピーカー使って聴き手を取り囲むように設置し、前からも後ろからも音に囲まれるような音場を作り出します。最近では、より立体的で臨場感あふれる音場が楽しめるサラウンドフォーマットの「Dolby Atmos」「DTS:X」「Auro-3D」が登場しました。ホームシアターで最高のサウンドを楽しむには、このサラウンドフォーマットに対応したスピーカーの配置がとても重要になります。

「ホームシアター工房」では、導入されるお部屋や予算、視聴されるジャンル等も考慮した上で最適なシステムをご提案いたします。

よくある質問

ホームシアター導入の費用はどれくらい?
A.
お部屋の大きさ、使用する機材、ご要望内容によって掛かる費用は変わってまいります。
過去の販売の価格例は以下の通りとなっております。

<ホームシアター価格例>
  • お手持ちのテレビを使用した5.1.chホームシアターエントリープランで約30万円〜
  • 100インチスクリーン+5.1.2chのDolbyAtmosの4Kエントリープランで約90万円〜(★1)
  • 100インチスクリーン+7.1.2chのDolbyAtmosの4Kミドルプランで約160万円〜〜

(★1)での内訳詳細例
4K対応プロジェクター約20万円~
100インチ電動スクリーン約10万円~
HDMI2出力AVレシーバー約10万円~
スピーカー一式約20万円~
ケーブル類一式約5万円~
インストール費(プランニング、打ち合わせ費用など諸経費)10万円~
施工費(スクリーン/TVシアター TV据え置きの場合)約15万円~
合計(税別)約90万円~

※金額は税別での表示となります。
※上記は過去の販売例となります。時期や導入される機材によって価格は変動致します。
※また、上記金額とは別に建築業者様にシアター設置のための下工事作業(下記項目など)がかかってまいります。
・プロジェクターやスクリーン取付のための下地補強やコンセント作成
・天井にスピーカーを設置するのであればその為の補強や開口
・各種ケーブル類を入線するための空配管作業

より詳細なご説明を希望される場合は、ホームシアター無料相談フォームをご利用下さい。
サラウンドの種類と効果は?
A.
サラウンドとは3つ以上のスピーカー使って聴き手を取り囲むように設置し、前からも後ろからも音に囲まれるような音場を作り出す事を言い、リアルな臨場感を再現するために様々な種類が存在します。

更にDVD、BD、UHDと時代の流れに連れて、サラウンドも進化してきています。
※同じ5.1chの収録でもDVDとBDでは音質がかなり向上しているのです。

一時期は、サラウンドの効果=スピーカーの数と言われていました。
もちろん、より臨場感を出す為には相応のスピーカー数があった方がいいのは間違いなかったのですが、近年Dolby Atmos DTS:X Auro-3Dといった新しいサラウンド方式が出てきました。
これらは、天井に配置したスピーカーによりより立体的な臨場感を味わえるサラウンドシステムとなっていて、現在のホームシアターのトレンドでもあります。

更にサラウンド効果には、音の返りによる所も影響します。狭いお部屋に大きなスピーカーを沢山置いてもサラウンド効果は上がりません。
広さ、視聴したい効果によっては、4.1.2chや5.1.4chのシステムをご提案する事もございます。



その他に音の反響を計算して、実際にスピーカーのない場所から音が鳴っているかのように再現するバーチャルサラウンド機能(疑似サラウンド)なんかもあります。
その他のQ&Aはコチラ

5.1スピーカーの構成

5.1chサラウンドシステム

一般的な
5.1chサラウンドレイアウト

5.1チャンネルサラウンドサウンドは、5つのスピーカーと1つのサブウーファーを通して映画館のような臨場感を感じる事ができるようになります。リビング等でスピーカーの設置に制約がある場合は、サブウーファー以外のスピーカーを天井に埋め込む事で5.1chとする事も可能です。

5.1ch 設置例

5.1ch リビングシアター
5.1ch 専用シアタールーム

5.1ch の施工例はコチラ

5.1.2ch(Dolby Atmos)サラウンドシステム

一般的な5.1.2ch(Dolby Atmos)
サラウンドレイアウト

ドルビーアトモス(Dolby Atmos)とは、 従来のサラウンドに加えて、「頭上から」の音声を加えた、立体的な音響を実現する技術のことです。 ドルビーアトモスの技術は近年の映画館でも多く採用されています。5.1.2chシステムでは、2つの天井スピーカーを使用して立体音響を再現します。

5.1.2ch 設置例

5.1.2ch リビングシアター
5.1.2ch 専用シアタールーム

5.1.2ch の施工例はコチラ

5.1.4ch(Dolby Atmos)サラウンドシステム

一般的な5.1.4ch(Dolby Atmos)
サラウンドレイアウト

ドルビーアトモス(Dolby Atmos)とは、 従来のサラウンドに加えて、「頭上から」の音声を加えた、立体的な音響を実現する技術のことです。 ドルビーアトモスの技術は近年の映画館でも多く採用されています。5.1.4chシステムでは、4つの天井スピーカーを使用してさらにリアルな立体音響を再現します。

5.1.4ch 設置例

5.1.4ch リビングシアター

5.1.4ch 専用シアタールーム

5.1.4ch の施工例はコチラ

7.1スピーカーの構成

7.1chサラウンドシステム

一般的な
7.1chサラウンドレイアウト

7.1チャンネルサラウンドサウンドは、7つのスピーカーと1つのサブウーファーを通してより映画館のような臨場感を感じる事ができるようになります。リビング等でスピーカーの設置に制約がある場合は、サブウーファー以外のスピーカーを天井に埋め込む事で7.1chとする事も可能です。

7.1ch 設置例

7.1ch リビングシアター
7.1ch 専用シアタールーム

7.1ch の施工例はコチラ

7.1.2ch(Dolby Atmos)サラウンドシステム

一般的な7.1.2ch(Dolby Atmos)
サラウンドレイアウト

ドルビーアトモス(Dolby Atmos)とは、 従来のサラウンドに加えて、「頭上から」の音声を加えた、立体的な音響を実現する技術のことです。 ドルビーアトモスの技術は近年の映画館でも多く採用されています。7.1.2chシステムでは、2つの天井スピーカーを使用して立体音響を再現します。

7.1.2ch 設置例

7.1.2ch リビングシアター
7.1.2ch 専用シアタールーム

7.1.2ch の施工例はコチラ

7.1.4ch(Dolby Atmos)サラウンドシステム

一般的な7.1.4ch(Dolby Atmos)
サラウンドレイアウト

ドルビーアトモス(Dolby Atmos)とは、 従来のサラウンドに加えて、「頭上から」の音声を加えた、立体的な音響を実現する技術のことです。 ドルビーアトモスの技術は近年の映画館でも多く採用されています。7.1.4chシステムでは、4つの天井スピーカーを使用してさらにリアルな立体音響を再現します。

7.1.4ch 設置例

7.1.4ch リビングシアター

7.1.4ch 専用シアタールーム

7.1.4ch の施工例はコチラ

9.1スピーカーの構成

9.1.2ch(Dolby Atmos)サラウンドシステム

一般的な9.1.2ch(Dolby Atmos)
サラウンドレイアウト

ドルビーアトモス(Dolby Atmos)とは、 従来のサラウンドに加えて、「頭上から」の音声を加えた、立体的な音響を実現する技術のことです。 ドルビーアトモスの技術は近年の映画館でも多く採用されています。9.1.2chシステムでは、2つの天井スピーカーを使用して立体音響を再現します。

9.1.2ch 設置例

9.1.2ch リビングシアター
9.1.2ch 専用シアタールーム

9.1ch 以上の施工例はコチラ