ホームシアター工房は年間施工数300件以上 東京新宿・名古屋・大阪本町の三大都市圏にショールームを構え る、設計から施工まで信頼と実績のホームシアター工房へ全てお任せください。

工房BLOG

工房BLOG

<< ホームシアターインストーラーの仕事237〜『ホームシアター工房 横浜』ショールーム | ホームシアターインストーラーの仕事239〜セカンドハウスにインビジブルシアター/滋賀県 >>

ホームシアターインストーラーの仕事238〜リノベーションを機に導入!『ホームシアターファイル84号掲載』

DSC_0613.jpg2017年9月30日発売の『ホームシアターファイル84号』掲載の物件です。和歌山で建築会社にお勤めのオーナー様。以前、別の会社に居られた時に「ホームシアター工房」と仕事をさせて頂き、ご自身の家を建てられる際には必ずホームシアターの導入する!って思ってられたそうです。今回、ご実家をリフォームするにあたり、その夢を実現されました。建築士のオーナー様が仕事の合間にコツコツ作られたお部屋で、お家のあらゆるところに拘りやアイデアが取り入れられています。その一つがホームシアターです。
広いDLKスペースの内、2.9x4.9mがホームシアタースペース。そこに100インチ、5.1.2chのシアターを導入しました。

DSC_0585.jpgプロジェクターはエプソンTW8200をBOXに収納。スクリーンはグランビュー電動100インチ。AVアンプはインテグラDRX-3。フロントスピーカーはキャバスANTIGUA170、センターも同じくキャバスSOCOA170。サラウンド/トップスピーカーは天井埋込タイプのCAV HT-62を。ウーファーはKEF Q400bを採用。あまり贅沢にはせずコストパフォーマンスの良いものを中心に機器選定致しました。映画に音楽を上質に楽しめる空間となりました。

DSC_0161.jpgモデルチェンジした最新のキャバス(Cabasse) ANTIGUA170。広範囲なリスニングスポットとスムーズで繋がりの良い音の広がりが特徴。オーディオにもホームシアターにも最適なスピーカーシステムとして評判です。シアタースペースは袖壁で区切って、スクリーン裏とサイドの壁を黒系のクロスにしています。そうする事で明かりを落として、プロジェクターを投影した時に、黒い空間に映像がポンと浮かぶようになります。リビングであってもちょっとの工夫で没入感がアップする方法です。それもあってスピーカーの色も黒にしております。

DSC_0169.jpgセンタースピーカーのキャバス(Cabasse)SOCOA170、AVアンプのインテグラDRX-3、プリメインアンプのデノンPMA-390RE。SOCOAはフロントスピーカーと同じ、同軸ドライバー搭載。DRX-3は絶対の信頼とクオリティからホームシアターインストールの定番となっている製品。修理保証が3年間なのも嬉しいですね。で、PMA-390RE。『ホームシアターファイル84号』にもチラッと記載がありますが、こちらは<ボディーソニック>用です。サブウーファーの信号に合わせて、ソファーが振動します。音と映像に加えて、振動という体感が加わることでよりリアルに映画の迫力を感じる事が出来ます。*ホームシアター工房 大阪にて体感できます。

DSC_0631.jpgホームシアターシステムとボディソニックはiPadで操作ができるようにしています。ホームシアターシステムの<開始>、<終了>もワンボタンでOK。ホームシアターは機器が多く、難しいと思われている方も多いかと思いますが、このiPadコントロールシステムを導入して頂ければ誰でも簡単に使えるようになると思います。

ホームシアター工房ではご新築、改築、既存のお家に限らずホームシアター導入の相談をお受けしております。
まずは気軽にお問合せ下さいませ。
●ショールーム案内はこちら
●来店予約はこちら
●ホームシアター無料相談はこちら

ホームシアター工房 大阪 田中雅史

    

    工房BLOG | - | -


Copyright(c)ASHIBE DENKI Co., Ltd all rights reserved.
ホームシアター工房 お問い合わせ 会社概要 パートナー様募集