ホームシアター工房は年間施工数150件以上 東京新宿・名古屋・大阪本町の三大都市圏にショールームを構え る、設計から施工まで信頼と実績のホームシアター工房へ全てお任せください。

工房BLOG

工房BLOG

<< ホームシアターインストーラーの仕事118〜無垢の木と自然素材でつくる家にシアター導入 | ホームシアターインストーラーの仕事119〜80インチテレビシアター エスバイエル御新築  >>

ホームオートメーションの話05〜壁スイッチで照明、BGM、ユカダン、カーテンをコントロール

602163_336511379803713_1081406990_n.jpg三木市のリフォームシアターの現場です。ホームオートメーション用にiPadコントロールを導入しておりますが、壁にもこのようなスイッチを付けさせて頂きました。左列は照明用ルートロン・グラフィックアイの操作パネル、右列は上段がBGMボタン、中段が床暖房ボタン、下段の小ボタン二列が電動カーテンの操作となっています。iPadはiPadで便利なのですが例えば朝など部屋に入ってすぐにカーテンを開けたい時などiPadを取り出して操作をするより、ドアを開けた所にあるボタンを押す方が何倍も早いですよね。要は使い分け、生活導線や状況によって便利な方を選択するのが良い使い方です。床暖房のボタンはオン/オフのみですがスイッチが広いリビングの端にありリモコンも無いのでここにあると便利です。BGMも同じですがオンの状態では赤いランプが点くので消し忘れもわかります。カーテンはオープン、クローズのみですが五ヶ所もあるのでワンボタンでの操作は便利です。

563545_336511369803714_366752161_n.jpgBGMボタンを押すとアンプに接続しているUSBメモリの音楽を再生をします。今回は朝のリラックスタイムをイメージして波の音とピアノが心地よいヒーリングミュージックが流れる様にしています。季節や気分によって複数のメモリを用意してもイイですね。BGM、カーテン、床暖房、照明の操作を連動させる事で〈おはよう〉や〈お出掛け〉モードを作る事が出来ます。もちろん、<ホームシアター>スタートボタンを設定する事もできますし、プロジェクターやアンプの電源を早めに入れてのウォームアップも可能です。機械に詳しくないのでホームオートメーションはしたいけどiPadにも抵抗がある・・・と言う方にはこの形が良いかもしれませんね。また、施設などでも活躍しますね。

ホームシアターと言うと主要な機器に目が行きがちですが、使い勝手を向上させるこのような商品の注目度も高まってきていますよ。

ホームシアター工房 大阪 田中雅史

    

    工房BLOG | comments (0) | trackbacks (0)

Comments

Post

Trackbacks



ホームシアター工房 パートナー様募集 会社概要 お問い合わせ