ホームシアター工房は年間施工数150件以上 東京新宿・名古屋・大阪本町の三大都市圏にショールームを構え る、設計から施工まで信頼と実績のホームシアター工房へ全てお任せください。

工房BLOG

工房BLOG

<< ホームシアターインストーラーの仕事140〜念願のリフォームシアター完成!!in鳥取県米子市 | ホームシアターインストーラーの仕事142〜音楽に映画に楽しむ専用ルーム奈良積水ハウスご新築 >>

ホームシアターインストーラーの仕事141〜シアターリビング!!舞鶴市 セキスイハイム近畿 ご新築

1PB236450.jpg舞鶴市のシアター施工完了しました。お家の建築はセキスイハイム近畿さん。リビングだけど黒系統をあしらったスタイリッシュなお部屋。専用ルームとリビングルームの良いところを押えたシアター的に◎な感じで、まさにシアターリビング!!
真っ白なリビングに遮光カーテンだと少々重く感じますが、黒系統の色合いを積極的にインテリアに組み込む事で黒い遮光カーテンもその一部となっています。スクリーン、TVの裏の壁は黒系のエコカラットでデザイン。明かりを落とすとスクリーンもTVも映像が空中に浮いた感じになりかっこいいですね。
*映像はイメージ


PB236489.jpgプロジェクターはソニーVPL-HW55ES、スクリーンはキクチ スタイリスト120インチWAC、TVはソニー55インチ。スピーカーはB&WのCM8、CMC、M-1、ASW610、サラウンドは天井埋込型 CAV HT-62のフロントハイト7.1chシステムです。
間接照明やダウンライトを効果的に配置する事でお部屋の雰囲気がより良くなっています。シーリングライト一台だけだと 一方向からの明かりになり立体感が乏しくなります。明かりの方向、種類、などを工夫して より魅力的な配光にしたいですね。


PB236474.jpgフロントハイトスピーカーに使っているのはB&W M-1/ブラック。小型だけどお洒落なカタチとしっかりした音が特徴。フロントハイトやサラウンドに使用する事が多いいですが、シアターのメインスピーカーや小スペースの音楽視聴にも活用できます。
それにしてもスクリーン裏が暗い色合いだとプロジェクターの映像は映えます。白っぽいとどうしても少しの迷光でも明るくなってしまい、それが映像を見ていても自然と目に入ってきてしまうんですね。同じ機材でも壁の色を変えるだけで、映像の見え方は大きく変わるんですよ。


PB236478.jpgウーファーはASW610。弟分のASW608がもう一つ小型(w260xh260xd330mm)でスペースがあまりない場合や家具に収納する場合にはとても重宝するのですが、音質とパワー感、安定感は全然別物です。トリガー制御が可能ですので、AVアンプとトリガー接続をしてあげれば オートスタンバイにするよりも確実にオン、オフしてくれます。
フロントスピーカーの足はスーパースパイク。スパイクと受け皿が一体構造になっているので、スパイクの効果と移動の便利さ両方を兼ね備えた優れた商品です。


PB236483.jpg上から、CATVチューナーとアップルTV、ps3とコントローラーとHUB、ソニー ブルーレイレコーダーとクレストロン本体、AVアンプとなっています。このような赤外線リモコンが使えない木製のトビラでもipadコントロールなら簡単操作が出来てしまいます。
機材のラックをサイドに設置してTV回りを極力スッキリ。ラック下のスペースにサブウーファーを設置するのはとても良いアイデアです。


PB236496.jpg今回のシステムのリモコン達です。左からTV、ブルーレイレコーダー、AVアンプ、プロジェクター、CATV、スクリーン、アップルTV。ここにはありませんが、調光器のリモコンもあります。シアターや音楽を楽しむ際にはこれらのリモコンを取り換え、持ち替えて操作をする必要があります。また、常に手の届く場所に保管も必要ですね。。。
iPadコントロールなら上記のリモコンの主要な操作はパネルをめくるだけでできます。また、マクロ機能を使えば、メーカーの違う機器を連動して操作をする事が出来ます。


PB236497.jpg例えば、『ホームシアター・スタート』ボタンを押せば、<プロジェクター>、<レコーダー>、<AVアンプ>の電源が入って、<スクリーン>が下りてくる。また<調光器>も連動させていれば、映像が映り出すと照明がフェード(だんだん消える)してシアターシーンをつくり出してくれます。もちろん終了時も同じく連動します。ホームシアターにとって、プロジェクターやスピーカーなどと同じ位、重要な機器になっています。便利に、快適に操作する事が可能です。
ホームシアターのこけら落としには『アイアンマン3』を、また、サッカーの試合もパーティの雰囲気で楽しみたいとの事でした。ごゆっくりシアターライフ楽しんで下さい。

ホームシアター工房 大阪
田中雅史

    

    工房BLOG | comments (0) | trackbacks (0)

Comments

Post

Trackbacks



ホームシアター工房 パートナー様募集 会社概要 お問い合わせ