ホームシアター工房は年間施工数150件以上 東京新宿・名古屋・大阪本町の三大都市圏にショールームを構え る、設計から施工まで信頼と実績のホームシアター工房へ全てお任せください。

工房BLOG

工房BLOG

<< 防音工事がわかる31〜ホームシアターリフォーム&防音工事 堺市マンションζ眩完成 | ホームシアターインストーラーの仕事165〜クラシカルで美しいシアター 三井ホームご新築 西宮市 >>

ホームシアターインストーラーの仕事164〜ベッドルームシアター大和ハウスご新築 奈良県学園前

P7198423 pi wam.jpg奈良県は学園前、大和ハウスさんご新築のお家にシアター導入してまいりました。お部屋は2Fのベッドルームなのでベッドルームシアターですね。部屋寸が3.8m×7.9m、天井高は2.4mです。正面のスクリーンは140インチ/パネルタイプ、OS/ホームシアタープラスe ピュアマット靴任后ワンサイズアップの150インチも検討しましたが、スピーカーのスペースや迷光(壁に光が反射する事)の対策を考えると140インチがシアターとしてのバランスが良かったので採用しました。スクリーン裏のクロスを黒系にする事でスクリーンの黒枠が広がる感じになり、映像が宙に浮きます。スピーカーはオーナー様が以前から組まれていたシアターのものをそのまま使用。ヤマハのNS-300のシリーズです。懐かしい!!シルクドームツイーターの柔らかめの音が特徴でまだまだ現役で使用出来そうですが、リビングシアター向けの色合いが少しアンマッチでしょうか・・・。オーナー様も部屋の雰囲気に合うスピーカー(黒系の色でしょうか)が欲しいとつぶやいておられました。来るべきグレードアップの日が待ち遠しいですね。サラウンド、サラウンドバック、フロントハイトはスピーカークラフト社のProfile AIM7 THREEを6本使用。9.1chのサラウンドシステムとなっております。


P7198438 pi wam.jpg写真の奥側をベッドルームとして使用されるとの事です。シアターを導入するお部屋としてはリビングか専用ルームが多いのですが、ベッドルームやバーコーナー、ファミリールームとの兼用というパタンもあります。ライフスタイルに合わせてどのお部屋にシアターを造るかを検討しましょう。プロジェクターも使用されていたJVC DLA-HD100をそのまま設置。1,000時間以上使用されていてランプも光量が落ちてる感じです。こちらも近い将来、4Kプロジェクターにグレードアップされたいとの事。この環境での4Kプロジェクター導入は凄い事になりそうですね。アンプはパイオニア SC-LX87を予定しておりましたが、急遽生産終了となってしまい、手に入らない状況に・・・。残念ではありましたが、逆に前向きに新製品を待ちましょうという事になりました。もちろんLX88が発売されるのを望んでおりますが・・・こればっかりは現状分かりません・・・。それまで少しお待ち頂く事になりました。ipadコントロールのシステムも導入しますが、それもアンプが揃ってからのお楽しみ。コイズミ照明のライコンが設置されていますのでシアター&照明の連動も可能です。

ホームシアター工房 大阪
田中 雅史

    

    工房BLOG | comments (0) | trackbacks (0)

Comments

Post

Trackbacks



ホームシアター工房 パートナー様募集 会社概要 お問い合わせ