今さら聞けない音楽配信(マルチルーム再生)!?

皆様こんにちは。

日本におきましては新型コロナウイルスも収束の気配がありますが、まだまだ油断出来ない状況は変わらず…。
お休みの日に気軽に出かける事も難しい状況ですよね。

そんなお家時間を皆様はどのようにお過ごしでしょうか?
私は音楽配信アプリで好きな曲はもちろん、新曲や今まで聞いてこなかったようなアーティストの楽曲を、スマートスピーカーを使って聞いたりしています。

昨年発表されたアンケート調査によると、定額制音楽配信サービスの利用者数が右肩上がりで伸びてきており、もう音楽流通の主流となってきていますね。

※出典:ICT総研

お客様にも音楽を家の好きなとこで聞きたいので、家中に音楽配信できるようなシステムが欲しいと言われる事があります。
ひと昔前までは、全ての部屋にスピーカーを設置して、それを再生機から流すというような大がかりなものしかありませんでしたが、Wi-FiやBluetooth、AirPlay等の通信技術により大がかりなシステムを組まなくても気軽に、好きなお部屋で音楽配信を楽しめるようになりました。

既にスマートスピーカーをお持ちでも、まだ音楽配信はした事ない方やこれから導入してみようかなという方へ、お手軽な音楽配信(マルチルーム再生)の方法をご紹介いたします。

1.スマートスピーカーを使う
スマートスピーカーは、インターネットの接続と音声認識・音声操作が可能な、AIアシスタントを搭載しているスピーカーのことです。
声による指示で情報の検索や連携家電の操作を行う事に目が行きがちですが、連携したスピーカーとしても使えちゃいます。

使用する為には同じシリーズのスマートスピーカーで統一させる事
スマートスピーカーは各社から発売されてます。
有名どころですと、「Amazon Echoシリーズ」「Google homeシリーズ」「Apple HomePod」。
先日紹介した動画配信サービス用のスマートデバイス(Chromecast・Amazon Fire TV・Apple TV)と同じくこの3社が強いですね。

※スマートスピーカーはメーカー毎に制御するアプリが異なります。
※同じネットワークに接続したスマートスピーカーは、制御アプリでグループ化させる事によりマルチルーム再生ができるようになります。
※Google homeシリーズはChromecast Built-in対応機器も制御できます。
※Apple HomePodはAirplay2対応機器から制御できます。
※音楽配信アプリによっては対応していない場合がございますのでご注意下さい。

2.音響機器メーカーのシステムを使う
スピーカーなどを作っている音響機器メーカーも音楽配信(マルチルーム再生)を手軽に行えるシステムを作っています。
「DenonのHeos対応機器」や「YAMAHAのMusicCast対応機器」などがおすすめです。
対応機器であればAVアンプに繋いであるスピーカーからも音楽を再生する事が可能です。

こちらも使用する為には同じシリーズの対応機器で統一させる事です。
それぞれ専用アプリを使用して、マルチルーム再生ができるようになります。

※音楽配信アプリによっては対応していない場合がございますのでご注意下さい。

一見、大変そうな音楽配信(マルチルーム再生)もWi-Fiと対応機器があれば比較的簡単に出来ちゃうんです。
もし「やってみたいな~!」と思われたら、是非ホームシアター工房にご相談下さい!
簡単な音楽配信システムからフルカスタムまで理想の住まい造りをご提案させて頂きます。