ホームシアターインストーラーの仕事206~サブシステムに真空管アンプオーディオ

IMG_2176 550.jpg弊社でホームシアターインストールをさせて頂いたオーナー様から、サブ(??)システムとして、真空管アンプを使ったオーディオを組んでみたいとの相談がありました。ネットワークオーディオやハイレゾが主流になりつつある今、より音楽と真剣に、時にはゆったりと向き合う事が出来るアナログ&真空管アンプが見直されているんです。ホームシアターのシステムとは別に小型の真空管オーディオ、オススメです。


IMG_2178 550.jpg真空管アンプはトライオードのプリメインTRV-35SER。MMタイプのフォノイコライザー搭載です。CDプレーヤーも同じトライオードのTRV-CD5SE。RCAケーブルとフォノケーブルはアヴィニティのリファレンスクラス。アナログプレーヤーはデノン DP-500M。スピーカーはJBL4312MⅡWX。スピーカーケーブルはオーディオクエストTP8。Yラグはフルテック FP-201(ロジウム)。電源タップはオヤイデOCB-1STを使用しました。真空管オーディオとなるド級のシステムもありますが、手ごろに始めたい方には丁度良いシステムかと思います。

IMG_2177 550.jpgこけら落としは、ボブディラン「風に吹かれて」。ギターと歌とハーモニカだけのシンプルな歌。ボブディランの声がぐーーと前に出てくる感じ。レンジが広く、高域が綺麗に出てくるようなハイファイな音では全くないけど。一曲、一曲、耳を傾けて聴きたくなる音。アコースティックやボーカル物、古いソウルやロックにも合うと思います。音楽の楽しみ方が変わると思います。。。
ホームシアター工房 
田中雅史