ホームシアターインストーラーの仕事223~ヨーロピアンな赤いシアタールーム

P3123826.jpg3Fにある3.5x6.2mのホームシアター専用ルーム。日本のホームシアターとは思えないヨーロピアンな雰囲気が漂うシアタールームです。カッコイイ!!内装はホームシアター工房 大阪のショールームのイメージをヒントにして頂いたとの事でした。赤色がメインとなって派手な印象のお部屋ですが、視聴時に明かりを消すと迷光の影響も少なく、映像に集中できる環境となっています。これぞ専用ルームシアターの醍醐味、非日常的な空間が感動をより大きくしてくれます。それにしても床のタイルカーペットがお洒落ですねぇ。シアターシステムは4K対応、110インチ、5.1.2ch(7ch)アトモスシアターとなります。

P3123839-.jpgプロジェクターはソニーVW535、スクリーンはパネルタイプのOS 110インチ/ピュアマットⅢ。専用ルームであれば、やはりパネルスクリーンがオススメです。ヨレシワが出にくく、エアコンの風に揺られる事もありません。また、ブラックマスクに光を吸収するフロッキーが使えるのもポイントとして高いです。スピーカーはフランスの老舗ブランド キャバスで統一。フロントはJERSEY、センターはSOCOA、サラウンド&トップスピーカーはEOLE3。コストパフォーマンスが高く広がりのあるサラウンド感は10~15畳のシアターに最適です。サブウーファーはKEF Q400bを使用しました。AVアンプはインテグラ DRX-3。高いパワー感とノイズの少なさが明瞭なサラウンドを構築します。

P3123848_00004.jpg■リアル4K プロジェクターの
ソニー VPL-VW535→
来る2018年に始まる、4K・8Kの本放送に向けて、今からホームシアターを導入される方は是非とも4K対応プロジェクターの導入をオススメ致します!
ホームシアター工房では専用ルームはもちろん、リビングシアターにも様々なノウハウとアイデアでシステム提案を致します。ホームシアター導入をお考えの方は一度、気軽に各ショールームまでご相談下さいませ。
ホームシアター工房 田中 雅史