感動増幅装置=ホームシアター

先日地下鉄に乗っている時ふと目をやると、空調総合メーカー ダイキンさんの広告が、、、そこには、「空気も水も食べ物と同じ、体に入れるものだから・・・」と言うキャッチが付いていた。なるほど、良いキャッチだ。水や食べ物と同じくらい空気にも気を使いましょうと言う事ですね。なぜならば自分の体の中に取り込むものだからと、もちろん健康にも関わってきますよねえ。うん、もっと気を使おう。。。


そうすると、ホームシアターはどうなのか??と・・・。
ダイキンさんのキャッチではないけどホームシアターは体の中に(脳?、記憶?)に感動を刻み込むツールの一つですよね。「あの映画良かったなぁ」、「笑いました」、「涙が出ました」などなど。その感動の大きさがホームシアターがあるとないでは変わります。ホームシアターは感動を何倍にも増幅してくれます。オーナーさんのお話を聞くと一度ホームシアターを味わうと「もう、普通のTVでは観れない」とおっしゃいます。これは感動の大きさが違う事の現れでしょう。
ホームシアター工房は皆様に大きな大きな感動を得てもらう為に頑張ります。
ホームシアター工房 大阪 田中雅史