既存のお部屋でもホームシアター工房にお任せ下さい

《ホームシアター工房 名古屋》

  • 愛知県一宮市
  • 導入年月 2009年11月
  • インストーラー:安藤 貴志




既存のお部屋に100インチ電動スクリーン、天吊りプロジェクター、埋め込みスピーカーを設置しました。

家を建てた時からホームシアターは夢だったそうですが、
プラズマテレビ&置き型スピーカーでのサラウンドで楽しまれていたそうです。

当社とはサブウーハーの問合せから始まり、スクリーンでのシアター体験、
カスタマイズコントローラーの使い易さ、埋め込みスピーカーの素晴らしさをご理解頂き、
可能な限りスクリーンシアターを実現しましょうとお話をしました。

既存のお部屋の為、一度施工担当と現場下見をさせて頂いたところ、当社施工担当早瀬が一言・・・
『いける!』
幸い、天井裏には配線を通すスペースがあり、天井内は問題なく通線できると判断しました。

問題は壁内をどの様に落とすか・・・。
社内で色々と検討し、更に大阪のスタッフにも相談。

新たに通線用の極細ジョイント棒を購入し配線を落とし込もうとなりました。

今回はプロジェクターに接続するHDMIケーブルが2本、しかもフラットケーブルの為、コンパクトにまとめにくいタイプでしたが、
天井に一箇所、通線用の穴(コンセントプレートほど)を開け、そこから真下にあるコンセントにケーブルを落とし込みました。

勿論、スクリーン、プロジェクター用の電源も新たに増設するので電源線も一緒に入線しています。

プロジェクターは、もともと天井内に入っていた梁にビスを打ち込み固定。

新たに補強を追加して強度を保っています。

スクリーンは同じく梁の位置に取付金具を付けて設置完了。

その他、照明器具2箇所、エアコンにコントローラー用の信号線を入線し、RC9001で制御できるようになりました。

機材関係はハイスペックなものが多く、プロジェクターも実際ビクターの発表会に参加してご自分の目で確認されて購入を決意されました。

お客様には、
『正直モール処理を覚悟していました。
ここまできれいにケーブルが隠されていると大満足です。

とおっしゃっていただきました。

既存のお部屋は仕様によってはどうしてもモール処理になることが御座います。

しかし、モール処理になるとしても、そのモールが目立たなければ非常にきれいに仕上がります。

既存のお部屋だからと言って諦めてはいけません。
ホームシアター工房にご相談下さい。

一度お部屋を見させて頂き、的確なご提案をさせて頂きます。

インストーラー:安藤 貴志

システム内容:ホームシアター

  • プロジェクター/テレビ/5.1ch
  • D-ILAプロジェクター:Victor DLA-HD950B
  • 電動スクリーン:KIKUCHI SES-100HDWA
  • プラズマテレビ:Panasonic TH-58PZ800
  • ブルーレイプレーヤー:DENON DVD-A1UD
  • ブルーレイレコーダー:Panasonic DMR-BW750
  • AVセンター:DENON AVC-4310K
  • フロントスピーカー:KEF iQ90
  • センタースピーカー:KEF iQ60c
  • サラウンドスピーカー:SpeakerCraft AIM7Five
  • サブウーファー:audiopro SW-450
  • オートメーションシステム:marantz RC9001+RX8001