ルートロンによる調光とホームシアター

今回は、ホームシアターにも関わりの深い 『調光』についてお話しします。

シーン1.jpg
暮らしの中のさまざまな場所で 使われている照明ですが
実際の生活で『調光』を体感されている方は、少ないかもしれません。
まず、調光とは何か・・・。


「カーテンやブラインドによって外光を遮ったり、
照明器具の光の強さや方向を調節すること」
つまり 明るさを調整することです。
調光には、光の明暗で雰囲気を演出するだけでなく ランプ寿命を長くし
電球交換の回数を減らしたり 電気量を節約できるといった メリットが上げられます。
h_light_fig.bmp
※右記資料は
ルートロンアスカ(株)WEBサイトより引用
住まいの中でも 家族が集まるリビングやダイニングは

シーン2.jpg
くつろぎ や 団らんを中心に
食事や会話を楽しんだり
読書やTV、大画面スクリーンでホームシアターなど
多くの用途が想定され、この空間で過ごす時間も長くなります。
そんな多目的な空間では
明るさを調節する機能や、複数の照明シーンを設定できる機能が
ついた調光器が活躍します。

ルートロンQS.jpg
ルートロン調光器では
明るさが切り替わる時間(フェードタイム)を
0秒~60分で設定出来るので、
映画を楽しむ場合には、徐々に照明が切り替わり 
手元の明かりを少し残したり
鑑賞後の明るくなるまでの余韻も ゆったりと演出できるのです。
また、色々な種類の照明器具にも
対応しやすいところもルートロン調光器のメリットですので
こちらのLEDを使用した照明施工例のような演出もできたりします。
まだまだ お伝えしたい点はありますが 今回はここで終わります。
身近にある照明を 使いやすく、素敵に演出 していきましょう。
ホームシアター工房 では
ホームシアター空間と共に住まいの照明のご相談を承っております。    ライティングコーディネーター 枦川