DAIKEN S防音 11.1chシアタールーム~京都府京田辺市

《ホームシアター工房 大阪》

  • 京都府京田辺市
  • 導入年月2011年9月
  • インストーラー:田中 雅史




京都府 京田辺市のDAIKEN S防音 KEF 11.1chシアターです。

閑静な住宅地の新築戸建て。
建築工事はパナホーム様です。

設計初期段階から打合せに入らせて頂き計画してきました。

実際の工事はスケルトン状態から入らせて頂いておりますが、
それ以前での建築様側の工事についても色々とアイデアを出させて頂き、また工事内容を指示させて頂きました。

事前の建築様側の工事如何によって、防音工事的に有利に働く事が多々あります。

後から出来る事ではありませんので 事前のお打ち合わせが特に大事なんです。

*もちろん、防音工事的にマイナスに働く事柄は徹底的に排除です。。。

防音工事やホームシアタールームを造る場合、単にお部屋があってそこに導入するだけでは無くて、
お部屋の設計自体もどんどん変わって行くことがあります。

ちょっとした変更でホームシアター的に有利になったり、ちょっとしたアイデアでより楽しめたりと・・・
防音工事ホームシアター工事を検討されてる方はできるだけ早めに御相談下さい。

何かと有利に働く事が多いですよ。

防音の仕様はDAIKENのS防音クラス、約50dbの遮音性能と快適な音空間の造り込みを行いました。

S防音クラスは遮音層と吸音層を2層重ね、随所に固体伝播を防ぐ為の工夫がされています。

前後の壁面はさらに吸音層を取り、オト壁L80&L90で音響調整。

ドアは前室を造ってS仕様のドアを2枚使い、窓は2重サッシで旭硝子のまどまどを使用しています。

シアターはJVCのDLA-X9とイーストンの110インチサウンドスクリーン。

スペースを最大限に利用して設置しています。

スピーカーは全てKEFで揃えました。
Model 207/2、204/2c、209のサウンドと存在感が圧倒的です。

サラウンドスピーカー(8本)はKEFのKHTシリーズを使用。

サラウンド/サラウンドバック/フロントハイト/ワイドを統一する事で均一な響きを得る事ができます。

価格、サイズを超えたパフォーマンスに驚きです。

11.1chはまだまだこれからの仕様になりますが、一歩先を見越したシステムを構築しています。

ルートロングラフィックアイで調光もばっちり。

メタルカバーが高級感を醸し出していますね。

ずっとここにいて 映画を見たり、音楽を聞いたりしていたいお部屋ができました。

ホームシアター&防音工事の御相談はホームシアター工房まで!!

インストーラー:田中 雅史

システム内容:11.1ch 3Dプロジェクターシアターシステム

  • 3D液晶プロジェクター:JVC DLA-X9
  • 110インチ電動サウンドスクリーン:EASTON E2S-110PHD
  • フロントスピーカー:KEF Reference Model 207/2
  • センタースピーカー:KEF Reference Model 204/2c
  • サラウンド&バックスピーカー:KEF HTS30001SE
  • フロントハイト&ワイドスピーカー:KEF HTS30001SE
  • サブウーファー:KEF Reference Model 209
  • ライティングコントローラー:LUTRON Grafik Eye 3000
  • 防音室工事:ホームシアター工房