話題のHDソフトの新フォーマット

DTS-HD MAソフト
ブルーレイソフト、HD-DVDソフトもぞくぞく発売され、ハイビジョンの映像を十分に満喫されている事でしょう。今までDVDで揃えていたソフトも買い直して観たくなりますよね。また、出費が・・・とお悩みのあなた、ご安心下さい。ホームシアターファンはみーーーんな同じです(笑)。そら出来れば全てをHDソフトで見たいですよね。「あのシーンはどうなんだろ?」と思うともう駄目。ソフトの発売がまだなら買うことも無いのですが、うぁ、輸入盤が出てる。。。字幕無いけど、、、、
えーーーい、買っちゃえ!?なんて。。。


DTS-HD MAソフト2
もうみなさんご存知でしょうが、HDソフトは映像だけではなく音声もHDなのですねぇ~。今回、HD-DVD、ブルーレイソフトには新フォーマットが採用されています。その中でもロスレス(デコード後でも情報の欠落がない)圧縮のドルビー・トゥルーHDとDTS-HDマスターオーディオ、それと非圧縮のリニアPCMが注目でしょう。今までのDVDでのドルデジ、DTSの音声とはルパンが違う・・・いや、次元が違う。さて、写真のソフトは先日の2007インターナショナルCESで配っていたサンプルソフト、DTS-HDマスターオーディオのHD-DVDとブルーレイ。ただ・・・今は聞けない(涙)。現段階ではDTS-HDマスターオーディオの音声をフルで楽しむことは出来ないんですよね。早く対応のAVアンプなり、プレーヤーが発売してもらいたいところです。冬までの辛抱か!?
*DTSはコア部と拡張部に分けて信号を収録してます。(従来の96/24とかESのなんかもそうだよね)そのコア部分だけなら聞けるんだけど・・それじゃーねぇ。。。

ホームシアター工房 大阪 田中