ホームシアターインストーラーの仕事168~ドルビーーアトモス!アトモス!アトモス!③

1919629_597186660402849_5527767145322419452_n.jpg短期間の間にアトモス関連の情報がドドっと出てきました。各メーカー探り探りのなかアトモスのクオリティと独自機能を詰めてきているようです。さて、雑誌の情報などでもご存じかと思いますが、アトモスの肝は背景音と移動音をシステムに合わせてレタリングして再生する事。最初からチャンネル毎に音が割り当てられているのではなく、リアルタイムで『ここは7.1.2システムか、音の位置がこうだからこの位置の音をだすには・・・』と発音するスピーカーを決めるという感じでしょう。今まではマッピングをして、チャンネル振り分けをしてソフトに収録されたものを再生していましたが、アトモス収録の場合はマッピングと音データの状態でソフトに収録し、アンプ側のアトモスデコーダー(?)で振り分けをするという感じになります。今後、より自然なサラウンド、リアルなサラウンドが求められ、対応していくのであればこの方式の方が絶対的にメリットがありそうですね。家庭用アトモスは規格上、最大でフロアに24ch、トップに10ch、計:34chまで設置ができるようです。という事はソフトは同じでも将来アンプで対応するものが出てくれば34chの再生もできるという事になりますね。夢が広がります。

1907776_597186673736181_7335628951333722905_n.jpg先日のONKYOマリンシアターにてアトモス視聴の続きですが、雑誌などの情報から見ると視聴したアンプは TX-NR3030で間違いないかと思います。この秋発売予定のラインナップの中で唯一の11chアンプ内蔵。現段階で価格は未定ですが、大注目間違いなしだと思います。11chアンプという事はMAX11本SPが設置出来るのですが、アトモスの場合組み合わせが色々とあります。基本は今までの5.1ch、7.1chにアトモスSP(天井SP)を2本もしくは4本設置します。この辺りは設置するお部屋の状況によってどのシステムが適正で、望ましいかを検討してプランしていく形になりますね。


10580214_597186617069520_3627648712865999034_n.jpg写真はそのスピーカーセッティングの画面です。ハイトスピーカーは1と2でそれぞれ選択が出来るようです。例えば、1がトップフロント、2がトップリアなど。トップスピーカーは5組の中から選択します。(中には選択出来ない組み合わせもあります)また、トップスピーカーを設置出来ない場合はイネーブルドSPと言って例えばフロントSPやサラウンドSPの天板に乗せて天井に向けて音を出し反射でトップSPの効果を出すものも出てきます。既存のシステムにプラスαでアトモスをするには有効な方法ですね。
まだまだ、全貌解明とは行かないですが、ホームシアターが大きく変わる時が近づいているのは実感しています。
ホームシアター工房 大阪
田中 雅史