ホームシアター工房は年間施工数300件以上 東京新宿・名古屋・大阪本町の三大都市圏にショールームを構え る、設計から施工まで信頼と実績のホームシアター工房へ全てお任せください。

工房BLOG

工房BLOG

<< ホームシアターインストーラーの仕事231〜大画面の新しい提案 VPL-VZ1000をインストール | ホームシアターインストーラーの仕事233〜浴室でも音楽を‥ クラリオンZF160を設置 >>

ホームシアターインストーラーの仕事232〜JBLスピーカーで5.1.4chシアター

DSC_1692.jpg泉南郡岬町にてホームシアターインストールしてまいりました。元々は納屋(なや)だったところをリフォームしてシアタールームに。古い梁などを活かした内装で、防音/調音処理までされています。システムはフルハイビジョン対応120インチ、5.1.4chシステム。映画館のような迫力の映像と音響を存分に楽しめるホームシアタールームです。プロジェクターはソニーVPL-HW60。スクリーンはグランビューの120インチパネルタイプ。やっぱり、専用ルームはパネルスクリーンがいいですね。昇降式には無い、平面性が魅力。平面性はかなり映像の良し悪しに影響するんですよ。専用ルームならパネルスクリーンがオススメです。

DSC_1696.jpgスピーカーは全て、JBLで統一しております。フロントスピーカーはS3900、センタースピーカーはLS Center、サラウンドスピーカーはSTUDIO 290 BRNをそれぞれ据え置き。4本のトップスピーカーはCONTROL Xを天吊り。ウーファーはSUB 560PCH。フロントの25センチウーファーの音圧感、音色の統一感が映画館ライク。スクリーンの上、フロントハイトの位置にあるのは、カラオケ専用スピーカー(オーディオテクニカ AT-KSP51)。Wiiを使ってカラオケができるようにセッティング。カラオケをする場合は、ホームシアターのスピーカー、アンプとは分けるのが望ましいですね。壁面いっぱいのスクリーン、フロントスピーカーS3900の存在感が凄いです!!

DSC_1713.jpgプロジェクターのソニーVPL-HW60をキクチの汎用金具で天吊りしています。フルハイジョン対応タイプでは一番の画力、ソニーらしい映像美が魅力です。天井の仕上げ材は遮音と吸音を兼ねたDAIKENのオトテンを使用しています。ホームシアターシステムをタブレットで全て制御できるipadコントロールを導入。照明との連動も可能です。

DSC_1714.jpg上からカラオケ用アンプとして、オンキョーA-9010。AVアンプのデノンAVR-X4200W。フロントスピーカー用パワーアンプのオンキョーM-5000Rです。ハヤミのAVラックに収納しています。

ホームシアター工房では新築、改築、既存のお部屋問わず、ホームシアターの導入のお手伝いを致します。まずはショールーム(東京・横浜・名古屋・大阪)までお問合せ下さい。

ホームシアター工房 大阪 
田中雅史

    

    工房BLOG | - | -


Copyright(c)ASHIBE DENKI Co., Ltd all rights reserved.
ホームシアター工房 お問い合わせ 会社概要 パートナー様募集