ホームオートメーションのお話

ホームシアターに興味がある方なら一度は聞いた事ある「ホームオートメーション」。
もちろん、シアター機材を一括制御して簡単に操作できるようなシステムを指します。

最近ではそれだけではなく、家じゅうの家電製品をIoT化して制御できるようなものまであります。
そこで、今日は簡単にホームオートメーションについてお話させてください。

ホームオートメーションって何?

ホームオートメーションとは、ITで行う住宅における管理システムのことで、シアター機器類に限らず扉・窓の開閉や部屋の照明・空調、その他の電化製品の制御をコンピューターで行えるようにする、いわば住宅の自動化の事です。
スマホやタブレットといった端末操作に加えて、スマートスピーカー(AIスピーカー)を使った声での操作も現在主流となってきてますね。

そして、そのホームオートメーションを行うには大きく分けて2種類の方法があります。

ホームオートメーションの種類

一つ目は、赤外線(IR)での制御で行う簡易的ホームオートメーション
Smart Mation
(スマートメーション)

学習リモコンなんかでも簡単に操作できるので、簡易的なホームオートメーションで広く使われています。
ホームシアター工房で、「Smart Mation(スマートメーション)」と呼んでいるものに当たります。

メリットは、低コストでホームオートメーションの導入が可能です。
デメリットとしては、赤外線が届く範囲しか反応しなかったり、現状どの機器の電源が入っているかなど、詳しい部分が判らなかったりします。

2つ目は、コントローラーで制御を行う本格派ホームオートメーション
Crestron
(クレストロン)

「コントローラー」と呼ばれる配線型対応の装置(クレストロン等)で制御を行うホームオートメーションで、リモコンが無い機器類も操作したい場合や、ON・OFFの操作を確実に行いたい場合にはコチラがオススメです。
JEM-A(HA端子)を持った機器類(エアコン、床暖房、給湯器、電気錠など)なら簡単に制御可能!
もちろん、赤外線で機器類の操作も可能です。

メリットは、確実なON・OFF制御が可能で現在の状況も一目でわかります。
デメリットとしては、赤外線のみのシステムと比べてコストが上がってしまう事ですが、操作性は断然こちらですね。

※JEM-A規格(HA配線)って何?

JEM-A規格の端子が搭載されている機器類は、コントローラーにHA配線で接続する事により機器の状況(ON・OFF)を知る事ができます。
コントローラーはLAN接続されているので、端末へその情報をフィードバックし、今の状況を把握した上で確実な制御が出来るようになるのです。

ちょっとマニアックですが、こちらはJEM-A規格(HA配線)でエアコンに接続している作業風景です。

このような制御系だけの対応もホームシアター工房では行っておりますので、
ご興味のある方は是非ご相談ください!