今、空間オーディオが熱い!

こんにちは。

今日ドルビーアトモスや360Reality Audioの空間オーディオが簡単に楽しめるようになってきました。

Amazon Musicは10月19日からAmazon Music Unlimitedで追加機器無しで、ヘッドフォンで空間オーディオを再生出来るようになりました。

対応曲はまだ少ないですが、最近の人気曲ですとYOASOBIやAdoの曲が対応しています。

ホームシアターでドルビーアトモスを再生するには、最低でも4.1.2chとサブウーファーを入れて7個のスピーカーが必要になります。

それをヘッドフォンで再現できるとのことで、どこまで再現できるのか実際に試してみました。

使用機種は、スマートフォンのXPERIA XZ PREMIUMで、ソニーの1万円ぐらいのイヤホンを使用しました。

まずは、Adoの「うっせぇわ」がドルビーアトモスに対応していたので聞いてみましたが、確かに音が立体的に聞こえるなと思いました。ただ少し期待しすぎた所もあり、スピーカーで鳴らしたような音場の広さ、立体感はやはり再現が難しいようです。

イヤホンではなく、もっと良いヘッドフォンで聴いたら音の立体感が増すかもしれないですね。

しかし、イヤホンでもドルビーアトモスの効果がとてもいい感じに出ている音楽がありました。

それは、クラシックです。まるでコンサートホールで聴いているかのような感覚になります。

これは、とてもいいぞ!と思いました。音に広がりが生まれ、目をつむれば広いホールで実際にクラシックの演奏を聴いてるかのような感じです。イヤホンでここまでの空間オーディオが再現できれば十分でしょう。

ただ、やはりドルビーアトモスは5.1.2chなどのスピーカーで聴くのがベストですね。

最新のヤマハのAVアンプにはAmazon Musicが再生できる機能がついていますが、ドルビーアトモスではなく、FLACでの再生でした。アップデートで対応してくれるとありがたいです。

今後、空間オーディオが世間に広まっていき、もっといい音で楽しみたいとホームシアターに興味をもってくれる方が増えてくれたら嬉しいものです。

ホームシアターに関するご相談はコチラから♪