PIONEER 「KURO」イベント行ってきました。

今秋AV業界最大の注目株、
パイオニア新型プラズマTVの
先行体験イベントが9月の1日、2日に梅田のハービスHALLで
行われましたので行ってきました。
KURO
通常のAV機器メーカーの派手なイベントと違い、
入口には小さな案内のみ、中に入るとびっくり、
黒、クロ、くろ、KURO...、スタッフの服装みんな黒一色です。
さすが「KURO」のイベント会場です。

このシックな感じにパイオニアの並々ならぬ意気込みを感じました。
会場は照明を落とした落ち着いた雰囲気で、このままくつろぎたい感じです。
閉館間近の時間にもかかわらずたくさんの来場者でにぎわっていました。
特に人だかりが多かったのは他機種との比較コーナーです。
20分おきのイベントの最後でコーナーに入ろうとすると、
お客様から歓声が...何が起こったのか分からなかったのですが、
そのまま次の時間の回に参加しました。


PDP-5010HD
某メーカー液晶TV(画面以外は分かりにくいようにしていますが...)や、
PDP-6010HD、PDP-5010HD、
PDP-508HX、PDP-428HXや
前モデルとの比較をしていました。
現在TVを見る時いかに綺麗に見れるかの最大の技術的課題は、
映像の種類や周りの明るさで見え方が大きく変わることです。
いちいち映像調整をするか、見にくいままそのまま見るかになります。
非常に手馴れた方は調整しますが、調整しない方は、購入時に映りこみに比較的強い液晶TVを購入するか(照明を落とした部屋は不得手です)、
照明を落とした環境でしっとりした映像が出るプラズマTV(映りこみが不得手です)
を選ばざる得ないです。


今回のパイオニアの新技術はそこにはじめて本格的にメスが入りました。
全世界すべてのTVをみる人が、
どのような視聴環境で、どんな映像の内容でも、常に最高の画質で楽しめる機能、
しかも自動にいつ切り替わったか分からないようにさりげなく、
しかもワンボタンで簡単にと言うものでした。
(リビングモード)(新ダイレクトカラーフィルター)
なるほどこれか、さっきの歓声は!!久しぶりに自分も「スゲー」と声を出していました。
現在のデジタルAV機器に急速に求められるものはいかに簡単に高品質に楽しめるかです。
このような機能が各AV機器メーカーで作られていけばよいのですが、
なかなかすぐに商品に搭載できないのが現状です。
ホームシアター工房が目指すどなたでも快適に楽しめるカスタムオートメーションシステムは上記のパイオニアの新技術に通ずるところがあります。
簡単で快適に高品質なホームシアターをご要望でしたら
ぜひショールームにお立ち寄り一度ご体験ください。


PIONEER 「KURO」イベント行ってきました。” に対して3件のコメントがあります。

  1. carrozzeria より:

    すいません。
    フルスペックハイビジョンの「KURO」は展示されますか?
    展示するならいつぐらいならば実機を見ることができますか?

  2. お問い合わせありがとうございます。
    大阪ショールームにはPDP-5010HDを展示予定としております。
    10/13発売予定ですが実売優先で商品を出荷しておりますので
    実際に展示ができるのは10/20頃になりそうです。
    また、展示をさせて頂きましたらこちらのブログにて案内させて頂きますので
    よろしくお願い致します
    ホームシアター工房 大阪 田中雅史

  3. carrozzeria様
    ようやくホームシアター工房 大阪ショールームにてパイオニア PDP-5010HDの展示をさせて頂く事ができました。是非ともご来店頂き映像の素晴らしさをご体感下さいませ。
    お待ちしております。。。
    http://www.ht-kobo.jp/news/eid243.html

コメントは受け付けていません。

前の記事

防音って!?