ホームシアターの明かり②~シアタールームとリビングの照明演出

ホームシアターの明かりには、
お部屋の状況によって さまざまな組み合わせや、使い方があります。
今回は「シアター専用ルームの照明」 と 「リビングシアターの照明」 を例にお話ししたいと思います。
まずはシアター専用ルーム。<施工例はこちら>
1.jpg2.jpg

専用ルームの良さは、音や映像に没頭できるところです。
遮光対策をすれば、ほぼ真っ暗な状況で映画を視聴出来たりします。
ここでホームシアター工房がおすすめするのは、
全体の明かりの他に、手元の明かりと、フットライトなどの低い位置の明かりもプラスすると使い勝手も良くなります。
調光をかけて、映画が始まるまでのシーンも明かりで演出しましょう


そしてリビングルーム<施工例はこちら>
5.jpg4.jpg

リビングは、家族が集まる団らんスペースとしてTVを見たり スクリーンでゲームを楽しんだり
あるいは、新聞を読むといった日常の生活もふくまれる空間ですので、全体的な明るさが必要になってきます。
多目的なリビングには、全体の明かりと共に、間接照明をプラスして華やかさを演出しましょう。
いくつかの照明器具を使い分けて、さらに調光をかけると、色々な使い方が出来ます。
先日、発売された
ホームシアター専門誌では、照明についての特集がありましたね。。
ステレオサウンド ホームシアターvol.47」~ホームシアターの照明プランニング
音元出版 ホームシアターファイルvol.55」~ホームシアターライティング
◆ホームシアターvol.47では、「ホームシアター工房東京」ショールームを例にリビングシアター照明についての解説付きです。
どちらも わかりやすくておススメです!

ホームシアター工房 ライティングコーディネーター 枦川