3Dって、ど~なの?

ついにパナソニックから3Dテレビの発表がありましたね。
映画ではアバターの3Dはかなり話題となっています。
ホームシアターでの3Dはどうなっていくのか・・・。
P1040626.jpg
現状、ホームシアターで3Dを楽しむには
よくある、赤/緑のメガネをかけて観るかたちになります。
3D盤ブルーレイ『センター・オブ・ジ・アース』
パッケージの中に色メガネが4つ入っていました。
これなら家族みんなで楽しめますね。
実際120インチスクリーンに映すと・・・P1040623.jpg
赤と緑の映像が重なっている状態で
メガネをかけると重なり、立体的な映像が出ます。
視聴位置は普段観ている位置より少し近めにしてあげると
シーンによっては奥行感がかなり出ますよ。
目の前にモノが飛び出してきますし、
スクリーンの奥に吸い込まれていく感じがします。
思わず手を伸ばしてしまう感じになりますよ!


映像が立体的になれば
当然音も立体的にならないとバランスよくないですよね。
そこで出てくるのが『サラウンドシステム』。
フロントシステムだけでは奥行感や立体感は出にくいですよね。
5.1chか7.1ch、はたまた9.1chに発展する方も多くいらっしゃいます。
ホームシアター工房名古屋ショールームでは
7.1chシステムに加え、フロントハイスピーカーを
追加し、9.1chになっております。
最近流行っているドルビープロロジックⅡzで
フロントハイスピーカーを使用すると
音の楽しみが更に広がります。
3D映像は正直、映像のきれいさを求める感じではないですね。
だって、色メガネをかけるんだもん。。。
でも、おもしろいもんです☆
昔、ディズニーランドで見たキャプテンEOは
感動した人も多かったのではないでしょうか?
ホームシアター工房では3Dソフトのデモも行なえます。
大画面での立体的な映像を是非ご体感して頂きたいと思います。
ホームシアター工房名古屋  安藤貴志