防音工事がわかる28~ホームシアターリフォーム&防音工事③解体完了

P6088088.jpg防音&シアターリフォーム工事の現場その③です。天井、壁、床、クローゼットを撤去しました。撤去後の状況としては大方想像通りで、壁や天井のフカシはやはりパイプスペース。それらを避けながら出来るだけ空間が広くとれ、想定する遮音性能を落とさないように防音壁、天井を組んでいきます。大きな問題もありませんので工事を進めていきます。
壁や床、天井を作る、防音室用の材料は普通の建材と違うのか?とよく質問を頂きます。防音(遮音)をするには遮音に適した材料があります。基本的には質量が高いものが遮音には適していますので、材料はとても重いです。ただ、難しいのはその材料を使えば(誰もが)防音が出来るかと言うとそれは違います。

P6088079.jpg音には様々な性質があってそれを理解して施工をしないと高価な材料が無駄になってしまいます。例えば、同じ防音用の材料を使って、めちゃめちゃ音の漏れる部屋をつくる事も可能です。もちろんそんな需要はありませんが・・・。音の性質を理解していればそれも可能なんです。私たちが相手にしている音は生活音ではなくホームシアターやオーディオの音。70db以上の音に対しての防音工事です。騒音が50db以下のいわゆる生活防音レベルであれば材料を使うだけで問題ないケースもあるかと思います。また、ホームシアターやオーディオの場合は調音も必要です。快適に良い音で楽しむには必要不可欠です。詳しくはのちほど・・・

ホームシアター工房 田中雅史