ホームシアターに最適な調光システム~LUTRON(ルートロン)

前回に続き 『調光』についてお話しします。

tokyo_swap008.jpg
調光器には
1つの照明の明るさを手動で調節するタイプや
複数の照明シーンを組み合わせて設定できる調光システム
などがあるのですが
ここでは、
ホームシアター工房がおすすめしている調光器をご紹介します。




まずは、
『LUTRON グラフィックアイ3000』

products_g3000.jpg主な特徴として
①ルートロンの特許技術でもある電源安定化システムで
  安定した調光レベルが保てるので、
  音や映像を扱うホームシアター空間にぴったり。
②使用頻度の多い照明シーンをワンタッチで保存、再現できる。
③各種センサーやタイマーなどと組み合わせて省エネ管理ができる。
④色々な種類の照明器具に対応しやすい。
⑤内装の雰囲気に合わせた多様なカラーが選べるのも魅力の1つ。
次に
『LUTRON グラフィックアイQS』

products_gQS.jpg①グラフィックアイ3000の機能に加えて更に多機能、
②省エネの目安などが表示されるインフォスクリーンを搭載。
③タイマーを内蔵し、スケジュールに合わせた
  照明パターンの自動再生が可能。
④補助コントロールを用いることで拡張性が高くなる。
⑤Sivoia(電動カーテン、電動ロールカーテン)を組み込める。
などがあげられます。
また、ここであげた調光器の他にも様々な種類が ありますので
使用する空間、用途などのバランスをみて選ぶと 楽しいですね。
ホームシアター工房では 調光の良さ を取り入れた暮らしをご提案しております。
ライティングコーディネーター 枦川