ホームシアター工房は年間施工数300件以上 東京新宿・名古屋・大阪本町の三大都市圏にショールームを構える、設計から施工まで信頼と実績のホームシアター工房へ全てお任せください。

記事一覧
HOME > 記事一覧

記事一覧

ホームシアターインストーラーの仕事255〜自由設計の魅力を活かしたリビングシアター

DSC_2374.JPG豊中市に誕生しました素敵なリビングシアターです。お家はそのまま雑誌の表紙に出できそうなくらいお洒落!!それでいて、落ち着いた雰囲気があります。設計士さんとオーナーさんとで思い入れたっぷりに作り上げた感じが致します。吹き抜けやスキップフロア、アカシアのフローリング、黒板クロス(??)と沢山のアイデアとセンスが詰まっていますね。(建築様:アトリアワオン様)そんなお家のリビングに大画面ホームシアターを導入させて頂きました。ホームシアターのシステムはリーズナブルに、でもコダワルところはコダワルと言うところで機器選定を致しました。フルハイビジョン120インチ、ドルビーアトモス/DTS:X対応4.1.2chです。

DSC_2384.JPGスクリーンは120インチ。少し高めの位置に設置しておりますが、これはスキップフロアの中央あたりをメイン視聴位置としている為。もちろん上階にあるダイニングキッチンからでも楽しめます。スクリーンの両サイドにはKEFの薄型スピーカー T301を設置。今回のスタイルのシアターにはベストチョイスかと。ハヤミ製のAVラックにはブルーレイレコーダーにゲーム機、AVアンプを収納。AVアンプはインテグラ DRX-3.1です。広いスペースでも悠々と鳴らすパワーがあります。

DSC_2380.JPGプロジェクターはフルハイビジョンタイプのエプソン TW6700。明るく、見やすい映像は映画にテレビ視聴に大活躍です。サラウンド、トップスピーカーの4本は天井埋込タイプのCAV HT-145。外径168mmと小型ながら、BGM視聴にも対応する、クオリティとレンジをもっています。それにとてもリーズナブル!!HT-145のみで5ch、7chを組む事もできます。

DSC_2368.JPG本当に素敵な空間になっています。生活の中心とまでは言いませんが、その一部にホームシアターがあるっていいですよ!!
是非ともご検討を!!

続きを読む>>

工房BLOG | - | -

ホームシアターインストーラーの仕事253〜地下のシアター専用ルーム 三井ホーム様ご新築

DSC_2042.jpg芦屋市の三井ホーム様ご新築にてホームシアターインストールしてまいりました。地下に造られたピアノ&ホームシアタールーム。オーナー様より、出来るだけ大きなスクリーンの設置とピュアオーディオも楽しめるシステムの導入をご要望頂きました。大画面と大音量に気兼ねなく浸れる4K対応150インチ、7.1.2chシステムのシアタールーム完成となりました。壁面いっぱいのスクリーンはグランビューの特注150インチパネルスクリーン。エプソン プロジェクターとの相性も抜群です。
【インストールポイント】
専用ルームならスクリーンはパネルタイプがベスト!!歪みが少ないスクリーンは映像をすっきりと映し出してくれます。
また経年劣化も少なく長持ちします。

DSC_2056.jpgプロジェクターは4K対応のエプソン EH-TW8300。高精細で観やすい映像は初心者からマニアまでを唸らせます。プロジェクターで4K対応?フルハイジョン?で迷ったなら、これ!エプソンEH-TW8300にしてきましょう!!天井埋込スピーカーはKEF Ci160QR。サラウンド、サラウンドバック、トップミドルスピーカー(計6本)に使用しています。黒色のクロスに合わせサランネットを外して設置しました。エッジのホワイトがポップなアクセントになっていい感じです。
【インストールポイント】
天井を黒色にすると見た目がベタっとなりがちですが、折り上げ天井にして、隅に白い廻り縁を入れる事でイメージが軽くなりました。
点検口やスピーカーの白いエッジもあえて残しました。

DSC_2035.jpgスピーカーは英国のKEFで統一。フロント、センター、ウーファーはコストパフォーマンスが抜群に高い、QシリーズのQ750、Q650c、Q400b。それらを鳴らすAVアンプはインテグラ DRX-R1です。また、プリメインアンプ DENON PMA-2500NEをフロントスピーカーのパワーアンプとして使用しています。EXT.PRE端子を使えば、プリ部を通さずパワーアンプだけを使う事が可能です。ピュアオーディオとホームシアターのどちらも楽しみたい!って方にオススメの接続方法です。CDプレーヤーとネットワークプレーヤーはDENON DCD-2500NEとDNP-2500NEです。RCAケーブルはゾノトーン 6NAC-Granster3000α。AVラックはサウンドマジック AV33BBです。
【インストールポイント】
全ての機器を簡単に操作する事が出来るお馴染み「ipadコントロールシステム」も導入。
ワンタッチでシアター開始、終了ができるので、奥様や子供たちまで簡単に使いこなす事が出来ます。

続きを読む>>

工房BLOG | - | -

ホームシアターインストーラーの仕事252〜京都の古民家シアターをアップグレード!!4K化計画

DSC_2295.JPG2014年にインストールさせて頂いた京都の築180年、古民家リフォームシアター。今回、オーナー様よりご連絡があり、システムの4K化をさせて頂きました。2014年のインストール当時はまだ4Kプロジェクターは高価であり、コンテンツも今ほど充実していなかったので、より上質な画質を求める方以外は4Kプロジェクターの導入を躊躇していた時期でもありました。ここにきて、ウルトラブルーレイ、インターネットサービスなどの4Kコンテンツも充実してきております。また、2018年末からはBSでの実用放送も始まります。来る2010年の東京オリンピックに向けて、そろそろホームシアターの4K化計画したいぞ!ってオーナー様も多い事でしょう。
■2014年当時のインストール

DSC_2291.JPGさて、今回の4K化計画にあたり変更、追加した機器はプロジェクター、スクリーン、ウルトラブルーレイプレーヤー、HDMIケーブル。実はAVアンプも4K化には重要なのですが、こちらは2016年に先にアップグレード(インテグラDTR-60.5から、インテグラDRX-R1へ)しています。当時は4K化と言うより、ドルビーアトモス、DTS:X対応狙い。もちろん、将来の4K化を見越しての事でもありますが。
■2016年のAVアンプアップグレード時
プロジェクターはエプソンEH-TW7200から、ソニーVPL-VW245へ。スクリーンはグランヴュー/グランヴューホワイトから、キクチ SEホワイトマットアドバンスキュアへ。ウルトラブルーレイプレーヤーはソニーUBP-X800。HDMIは4K対応の12mケーブルに変更しました。

DSC_2313.JPGプロジェクターのソニーVPL-VW245。リアル4Kパネル採用の、真の4Kプロジェクター。オーナー様の子供たちが一目見て、「綺麗になった!!」て分かるほどの高解像度で高鮮明な映像。映画はもちろん、フルハイビジョンのテレビ放送も高画質に映し出す画力は素晴らしいの一言です。

DSC_2319.JPG「ホームシアター工房x柏木工コラボ」のフルオーダーオーディオボード。ウルトラブルーレイプレーヤーのソニーUBP-X800の他、同じくソニーのレコーダー、PS4、WiiU、Nintendo Switch、CATVチューナー、AVアンプとセンタースピーカー、サブウーファーを収納しています。システムの全てをiPadコントロールで制御していますので、機器の変更に合わせ、プログラム変更や追加も行いました。大きなシステムとなるとやはり、iPadコントロールは便利ですね。

ホームシアター工房ではご新築、改築、既存のお家に限らず
ホームシアター導入の相談をお受けしております。
プロジェクターシアターはもちろんですが、
TVメインのTVシアターや家中で音楽を流すBGMシステムも!
防音工事、調音工事、内装工事も!
全てを含めたホームシアターリノベーションも!!
ご提案致します!!

まずは気軽に各ショールームの
ホームシアターインストーラーまで
お問合せ下さいませ。
●ショールーム案内はこちら
●来店予約はこちら
●ホームシアター無料相談はこちら
お待ちしております!
ホームシアター工房 大阪 インストーラー 田中雅史

■こちらの施工例に興味を持たれた方はこちらもどうぞ
●木の質感の美しいシアタールーム
http://www.ht-kobo.jp/news/eid1096.html
http://www.ht-kobo.jp/news/eid1084.html




工房BLOG | - | -

ホームシアターインストーラーの仕事251〜地下室に造ったシアタールーム

DSC_2107.jpg兵庫県尼崎市のご新築にホームシアターインストール。地下に造られた専用ルームです。広さは3.3x4.0m、天井高2.4m。DAIKENの防音/調音仕様となっています。天井のオトテンモダン、スクリーン裏の空気層で吸音を行うL80、コーナーの拡散を狙ったL91は防音室の定番。不必要な響きやノイズを適度に抑えてくれます。ホームシアターのシステムは4K対応/110インチ、ドルビーアトモス/DTS:X対応、5.2.2chとなります。爆音にも耐えうる、防音/調音が効いたルームで観る映画は大迫力です!!

DSC_2137.jpgプロジェクターは4K対応ではお馴染みのエプソンTW8300。スクリーンはOS 電動110インチ。スピーカーは全てJBLで構成。フロントがSTUDIO580。センターがSTUDIO520c。STUDIOシリーズはJBLのホームエンターテイメント用のラインナップ。JBLの銘機のノウハウを詰め込んだスピーカーです。サラウンドとトップスピーカーにCONTROL-Xを天吊りに。ウーファーはSUB 100Pを2台使いダブルウーファーとしています。調音の効いたお部屋だとダブルウーファーはより効果的です。

DSC_2124.jpgリーズナブルな価格で4K映像が楽しめるプロジェクターのエプソン EH-TW8300。しっとりした色合いの映画も動きのあるスポーツも素晴らしい画力で楽しませてくれます。基本は明るめでハッキリとした映像なので、ホームシアター初心者の方でも観やすく使いやすいプロジェクターです。ホームシアター機器全てと、照明はipadで一括操作出きるシステムを導入しています。

DSC_2140.JPGレコーダーはパナソニック ウルトラ(4K)ブルーレイ対応タイプ。ソフト再生からテレビ番組の視聴、ネットフリックスなどのインターネットサービスも高画質で楽しめます。AVアンプはインテグラ DRX-R1。JBLらしい音圧と高域の抜け感を演出する、パワーとスピードを兼ね備えたAVアンプです。AVアンプ選びは重要です!

ホームシアター工房ではご新築、改築、既存のお家に限らず
ホームシアター導入の相談をお受けしております。
プロジェクターシアターはもちろんですが、
TVメインのTVシアターや家中で音楽を流すBGMシステムも!
防音工事、調音工事、内装工事も!
全てを含めたホームシアターリノベーションも!!
ご提案致します!!

まずは気軽に各ショールームの
ホームシアターインストーラーまで
お問合せ下さいませ。
●ショールーム案内はこちら
●来店予約はこちら
●ホームシアター無料相談はこちら
お待ちしております!
ホームシアター工房 大阪 インストーラー 田中雅史

■こちらの施工例に興味を持たれた方はこちらもどうぞ
●JBLシアター
その
その
その
その



工房BLOG | - | -
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >>


Copyright(c)ASHIBE DENKI Co., Ltd all rights reserved.
ホームシアター工房 お問い合わせ 会社概要 パートナー様募集