ホームシアター工房は年間施工数300件以上 東京新宿・名古屋・大阪本町の三大都市圏にショールームを構える、設計から施工まで信頼と実績のホームシアター工房へ全てお任せください。

記事一覧
HOME > 記事一覧

記事一覧

3Dで新しい映画の世界へ

今話題の3D映画「アバター」を観に行ってきましたよ。

観たのは日本に4館限定の、
関西で唯一、箕面の「IMAXデジタルシアター」です。
平日なのに結構人が入っていました。
DVC00013.jpg

IMAXってなに?と思われる方もいらっしゃると思いますので、詳しい説明は
IMAXに関しましてはこちら
「アバター」に関しましてはこちら
3D上映館に関しましてはこちら
をご覧ください。

さて、話は戻りまして
みなさんは3D映画にどのようなイメージがあるでしょうか

アラフォー世代である自分は、
20年ほど前の第一時3Dブームの時に、
3D映画(ジョーズ3)を見たことがありました。

その時の感想ですが…




とにかく立体に見せることに注力しすぎて
物語の内容と立体の映像表現がかみ合っていない感じでした。



どうでもいいシーンで立体に飛び出し、
立体で観たいところが平面に見えたりと...

逆に映像が映画の内容を邪魔させていました。
3Dの見せる技術と内容との兼ね合いがまだ完成されていなかったと思います。


今回のアバターを観る前も、
どうなるのかと期待半分不安半分でしたが、
ポップコーンとドリンクを購入し席につきました。
いつものようにポップコーンを映画の最初の見せ場までに食べ終わって、
落ち付いた頃合いで空き殻を邪魔にならない座席下に置く計算です。

ところが開始1分もたたないうちに…
続きを読む>>

工房BLOG | - | -

3Dって、ど〜なの?

ついにパナソニックから3Dテレビの発表がありましたね。
映画ではアバターの3Dはかなり話題となっています。



ホームシアターでの3Dはどうなっていくのか・・・。
P1040626.jpg

現状、ホームシアターで3Dを楽しむには
よくある、赤/緑のメガネをかけて観るかたちになります。

3D盤ブルーレイ『センター・オブ・ジ・アース』
パッケージの中に色メガネが4つ入っていました。
これなら家族みんなで楽しめますね。




実際120インチスクリーンに映すと・・・P1040623.jpg

赤と緑の映像が重なっている状態で
メガネをかけると重なり、立体的な映像が出ます。


視聴位置は普段観ている位置より少し近めにしてあげると
シーンによっては奥行感がかなり出ますよ。

目の前にモノが飛び出してきますし、
スクリーンの奥に吸い込まれていく感じがします。
思わず手を伸ばしてしまう感じになりますよ!
続きを読む>>

工房BLOG | - | -

隠さずにあえて見(魅)せようホームシアター

《ホームシアター工房 大阪》

  • 兵庫県姫路市
  • 導入年月 2008年7月
  • インストーラー:加藤 明

続きを読む>>

施工例 | - | -

既存のお部屋でもホームシアター工房にお任せ下さい

《ホームシアター工房 名古屋》

  • 愛知県一宮市
  • 導入年月 2009年11月
  • インストーラー:安藤 貴志

続きを読む>>

施工例 | - | -


Copyright(c)ASHIBE DENKI Co., Ltd all rights reserved.
ホームシアター工房 お問い合わせ 会社概要 パートナー様募集