ホームシアター工房は年間施工数300件以上 東京・名古屋・大阪の三大都市圏にショールームを構える、設計から施工まで信頼と実績のホームシアター工房へ全てお任せください。

記事一覧
HOME > 記事一覧

記事一覧

ホームシアターインストーラーの仕事168〜ドルビーーアトモス!アトモス!アトモス!

1919629_597186660402849_5527767145322419452_n.jpg短期間の間にアトモス関連の情報がドドっと出てきました。各メーカー探り探りのなかアトモスのクオリティと独自機能を詰めてきているようです。さて、雑誌の情報などでもご存じかと思いますが、アトモスの肝は背景音と移動音をシステムに合わせてレタリングして再生する事。最初からチャンネル毎に音が割り当てられているのではなく、リアルタイムで『ここは7.1.2システムか、音の位置がこうだからこの位置の音をだすには・・・』と発音するスピーカーを決めるという感じでしょう。今まではマッピングをして、チャンネル振り分けをしてソフトに収録されたものを再生していましたが、アトモス収録の場合はマッピングと音データの状態でソフトに収録し、アンプ側のアトモスデコーダー(?)で振り分けをするという感じになります。今後、より自然なサラウンド、リアルなサラウンドが求められ、対応していくのであればこの方式の方が絶対的にメリットがありそうですね。家庭用アトモスは規格上、最大でフロアに24ch、トップに10ch、計:34chまで設置ができるようです。という事はソフトは同じでも将来アンプで対応するものが出てくれば34chの再生もできるという事になりますね。夢が広がります。

1907776_597186673736181_7335628951333722905_n.jpg先日のONKYOマリンシアターにてアトモス視聴の続きですが、雑誌などの情報から見ると視聴したアンプは TX-NR3030で間違いないかと思います。この秋発売予定のラインナップの中で唯一の11chアンプ内蔵。現段階で価格は未定ですが、大注目間違いなしだと思います。11chアンプという事はMAX11本SPが設置出来るのですが、アトモスの場合組み合わせが色々とあります。基本は今までの5.1ch、7.1chにアトモスSP(天井SP)を2本もしくは4本設置します。この辺りは設置するお部屋の状況によってどのシステムが適正で、望ましいかを検討してプランしていく形になりますね。



10580214_597186617069520_3627648712865999034_n.jpg写真はそのスピーカーセッティングの画面です。ハイトスピーカーは1と2でそれぞれ選択が出来るようです。例えば、1がトップフロント、2がトップリアなど。トップスピーカーは5組の中から選択します。(中には選択出来ない組み合わせもあります)また、トップスピーカーを設置出来ない場合はイネーブルドSPと言って例えばフロントSPやサラウンドSPの天板に乗せて天井に向けて音を出し反射でトップSPの効果を出すものも出てきます。既存のシステムにプラスαでアトモスをするには有効な方法ですね。
まだまだ、全貌解明とは行かないですが、ホームシアターが大きく変わる時が近づいているのは実感しています。

ホームシアター工房 大阪
田中 雅史

工房BLOG | - | -

防音工事がわかる33〜書斎防音工事&リビングシアター々事スタートです

P8298596 pi.jpg書斎工事&リビングシアター工事始まりました。本日は工事前の現場確認、打合せに行ってまいりました。メゾネットタイプのマンションでその全体をリフォームされるとの事。ホームシアター工房がお請けしております工事は、『書斎の防音工事とリビングのホームシアター工事のプランニング及び施工』となります。リビングは吹き抜けになっており広さは約3650×4220mm。4K/100インチ、5.1chシステム導入予定です。吹き抜けの為にシステムに制限もありますが、空間をいっぱいに使って素晴らしいシアターを完成させます。シアター以外に、照明や天窓の電動シェード、掃き出し部の電動カーテンもコントロールするホームオートメーションも導入予定です。

P7108375.jpgリフォーム工事前の書斎です。こちらでご主人様はお仕事をされますので、その際にお部屋の外の音を出来る限りシャットアウトされたいとの事。大きな音を出すから防音工事を行うだけでなく、今回の様に静かな空間を造りたいから防音工事を行うケースもあります。防音工事の遮音性能は40〜42dbを基準にインナーサッシと防音ドアのグレードをワンランク上げて設計しました。また、適度に吸音が必要になりますので吸音壁、吸音天井&布クロス仕上げで行います。クローゼットもありますので、防音工事はもちろんの事、クローゼットの中まで行います。

P8298600.jpg既存の壁、床、天井をめくった状態、いわゆるスケルトン状態です。こうやってみると何故ここに梁があったのか解ります。パイプは途中までしかないので梁は小さく出来そうですね。床はフローリングじか貼りでした。この上に床組をして床方面の防音をする為、ローカ側と段差が出来てしまいますが、遮音するには必要なんです。写真の裏側も色々と配管が沢山。あれこれ交わして天井を組まないといけないです。遮音性能を持たせたまま出来るだけ空間を広く残す為にアイデアと工夫が必要です。エアコン、換気扇、ドア設置で悩みました・・・。
さてさて
本工事は9月からとなります。

ホームシアター工房
田中雅史

工房BLOG | - | -

ホームシアターインストーラーの仕事167〜ドルビーーアトモス!アトモス!アトモス!

10557332_588264784628370_518276427856113356_n.jpgオンキヨーさんより、『アトモスの視聴、体感ができますが・・』と連絡がありましたので、オンキヨーマリンシアターに行ってきました。そのマリンシアターが入っているビルに、オンキョー、ギブソン、ティアックのショールームが先日オープンしました。ギブソンで演奏して、ティアックで録って、オンキョーで聴く事が体感できるショールームとの事です。さて、その地下にあるマリンシアター。今までも幾度となくこちらで新製品の視聴をしてきたので見慣れた感もありましたが、『あっ、天井にスピーカーが増えてる』、そうアトモス用のトップスピーカーが新たに設置されていました。視聴のシステムはONKYO D-509Eをメインに509Cをセンター、サラウンドには309Eを2本、サブウーファーはSL-D501。と5.1chで定価だと約32万ほど、家庭用シアターとしてはびっくりするほど高価なものではないシステム。それにトップスピーカーとしてスピーカークラフトのプロファイルAIM 7FIVEが3セット/6本がセットされています。3セットとは視聴位置の真上をトップミドル、少し前方をトップフロント、少し後ろをトップリアと呼びそれぞれ2本一組で(ステレオで?)設置されています。この位置関係も定義があり、推奨位置が決まっています。アトモスの効果を最大限に得るならこの推奨位置に出来るだけ合わす事が前提になりそうです。

10488013_597186643736184_3391586317550731473_n.jpgAVアンプはミドルクラスのテスト機、hiviに載ってたNR3030になるのかな?。それでドルビーアトモスのデモディスクを視聴させて頂きました。空から雨粒が降り注ぐシーン、落ち葉が風に揺られてヒラヒラと舞い落ちるシーンなどアトモスの効果が分かり易いソフト。今までも頭上とは言わないが、耳より高い位置にスピーカーを設置する事はありました。フロントハイトしかり、THX推奨のサラウンドの位置であったり、天井埋込スピーカーを設置した場合であったり。それでも移動感や音が上方向から包囲するような効果は十分に感じられました。でもアトモスはそれとは次元が違う。アトモスは音がシームレスに生き物のようにムーブするんです。


10485839_597186597069522_7705013148275095449_n.jpgスピーカーの位置や本数を感じさせずに床面の除いた上半球の空間の中で、立体的に移動しているように感じます。例えばセミが鳴きながら目の前まで飛んでくると音は目の前まで来ますよね。そこまで明確ではないですがそれに近いような事が出来るフォーマットなんだなと思います。ここに<アトモス=トップスピーカー>だけではない部分がありまして、この効果を造りだしているのはトップスピーカーを付けたからだけではなく、音声の造り方、収録の仕方、再生の仕方が今までとは大きく違う事によります。どうしてるのか?っとこの辺りの詳しいところはhiviやAVレビュー、メーカーのwebサイトなどで確認して下さい〜。
ではでは
次回・・・

ホームシアター工房 大阪 田中雅史

工房BLOG | - | -

■ホームシアター工房 横浜 OPENイベント(LINN視聴)のお知らせ

横浜みなとみらい(馬車道駅)に新ショールームをオープンします。
場所はみなとみらい線「馬車道」駅A6出口から3分。


7月12日(土)、13日(土)に英国王室御用達ブランド LINNのEXAKT試聴イベントを実施いたします。

LINN AKURATE EXAKT DSM + EXAKT AKUBARIKを大建工業とのコラボでつくりあげた防音仕様の専用ルームにて、
じっくりご視聴いただけます。

展示システム
140インチ シネスコスクリーンソニー
SONY 4Kプロジェクター「VPL-VW500ES」
7.1chホームシアターシステム サラウンド/サラウンドバックスピーカー LINN UNIK

この空間とは別に、柏木工とのコラボで入門者向け5.1chリビングシアターも設置

ダイケンが本格的に施工した「音のいい部屋」で、現在最高峰のデジタルオーディオシステムを体感できる貴重なチャンス。
ぜひお近くの方は、この機会にご体感ください!
続きを読む>>

イベント情報 | - | -
<< 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 >>


Copyright(c)ASHIBE DENKI Co., Ltd all rights reserved.
ホームシアター工房 お問い合わせ 会社概要 パートナー様募集